ネーミングのセンスで会社のセンスも解る!!

会社や、企業の名前は、業種によっても、伝統や、系統がある様に感じます。が、その、ネーミング次第で、企業の取り組みの姿勢や、そのセンスまでもが、ある程度、予測が付いたり、名前が覚えやすくて、インパクトがあれば、それだけで、多くのビジネスチャンスが広がって来るように思います。それだけ、社名と云うのは、重要ですし、安易なネーミングで、印象を損ねる事にならない様に、気を付けなければいけないと思います。さて、多くの人が知っている事実だとは思いますが、学生が在学中に起こしたベンチャー企業の名前が、実にキャッチ―で、その解り易さと、業務の内容が合致して、飛躍的に業績も、知名度も上がった企業の社名の逸話を、例に出したいと思います。オフィスで使われる様々な文具や、小物、その他諸々までも、明日には届けます―。って、云う会社。そう。あした来るから・・・。見事ですよね!!

会社においてネーミングから受ける印象

物を運ぶような場合、どういったイメージがあると良いでしょうか。正確性であったりしますが、なんといっても速さになるのではないでしょうか。そのことから、そういったイメージを植え付けたいことがあります。そこで会社におけるネーミングにおいてはその言葉を入れたり、漢字を入れることがあります。速であったり、急などが使われることがあります。利用者においては、何かを依頼しようとするとき複数から選択します。電話帳で見ることもあれば、ホームページの検索エンジンのこともあります。その時点ではどこも一直線上になります。ですから、社名からのイメージが大事になるのです。一番上にあるのが有利とも言われますが、二番目にあるところも目に入ります。一番上にあるところよりも良いイメージであれば、二番目でも一番最初に気にしてもらえるのです。

会社のネーミングでオリジナリティがある

日本において馴染みのある言葉はなんといっても日本語になります。漢字であったり、ひらがななどであればしぜんに目に入りますし、耳からも入ってきます。そのため、社名などにおいても日本語を中心に付けられることが多かったです。となると、周りもすべて漢字や平仮名を使っていることになります。珍しさを感じなくなります。そんな中で、外資系の企業が日本に進出してきました。それらの会社は外国での社名をそのまま使うようなこともあります。日本語は使わず、横文字などになっています。斬新な感じがしたものです。ネーミングにおいては、オリジナリティを持たせることが必要です。今でこそ横文字やカタカナは珍しくないですが、少ないときはオリジナリティがあったといえると思います。ITといえば横文字が多いですが、漢字などにするとオリジナリティが出てきそうです。